読書について

昨日の記事の中で、読書をテーマに別の記事を書くと書いた。しかし、いざ書こうと思うと、書きたいことがどんどん広がっていき、その上またしても理論の穴が出てきてしまった。

これもお蔵入りかなと思ったのだが、考えてみればオステオパシーや臨床に直接関係している重要なテーマではない。一般論として語ろうと思えばかなり複雑になってしまうが、自分のこととして考えればそれほど複雑な問題ではない。

そういうわけで、あまり深く掘り下げずに書こうと思う。いろいろとツッコミどころや腑に落ちない点があると思うが、コメントしてもらえればお答えしますということで。

“読書について” の続きを読む