オステオパスとして考える

私が参加させていただいているASSOSGというスタディ・グループの国際セミナーは、オステオパシーの本場であるアメリカで臨床家としても教育者としても実績のある先生たちを厳選して来ていただいている。そこで勉強させていただけるというのは、本当に有難い話なのである。

“オステオパスとして考える” の続きを読む

動的安定性

今週末は国際セミナーがあり、4日間治療院を閉めるのと、急ぎの翻訳の仕事があって忙しいので、今回は短めである(言い訳から入ってみる)。

毎日毎日、暑くなったり涼しくなったり、雨が降ったり上がったり、鬱陶しい日々が続いていますが、皆さん、お身体の方は大丈夫でしょうか?

“動的安定性” の続きを読む

不可逆性

日曜日に、私が師と仰いでいる先生のセミナーを受講してきた。そこである先輩(私は「親分」と呼んでいるが、その理由は聞かないでほしい)に、「じゃあ具体的にどうしたらええねん」っていうところをまったく書いていないことを「上手く書いてるねぇ」と褒めていただいたので、今回も同じように書いてみる。

“不可逆性” の続きを読む