雑感

このブログを始めてから一週間が経った。私にしては続いていると思う。普通は一ヶ月ぐらい続けてから振り返るものなのだろうが、一ヶ月後だとどうなっているかわからないので、今日振り返ってみる。

前回の大阪での講義の中で、「大阪の講義っていうのは、実は私が自分の勉強したいテーマを決めて、みんなに教える振りをしながら自分が勉強している場なのだよ」ってことを言った。

もちろん私はそこに参加している受講生よりも知識も経験もあるから、ちゃんと教えることはできる(そこは安心して欲しい)。しかし、私自身もその場から多大の恩恵を受けている。非常に有難い場なのである。

このブログも、実は私自身が思考を整理するために始めたものである。講義をするのと同じで、アウトプットすることによって思考が整理され、定着し、そして自分が未だ理解していないことが見えてくる。

今日まで私の書いた記事を読んでくれた人はわかると思うが、こんな話を聞いてくれる人はなかなかいない。講義の中で喋っても非常に食いつきが悪い。ここは私のうっぷんのはけ口でもあるのだ。

有料の情報(講義)と無料の情報(ブログ)には差をつけなければならないと思っているが、それでも書くネタはいくらでもある。しかし一週間経過して手元にあるのは、完成されていない短い文章の断片の山である。いろいろ考えているようで、ちゃんとまとまっていないのがよくわかる。やはり始めてよかったと思う。

保存保存

The following two tabs change content below.
所長
ここに書かれていることは一人のオステオパスの個人的見解であり、オステオパシーの標準的な考えとは限りません。批判や意見は大歓迎です。
所長

最新記事 by 所長 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA