視点を変えること


上のGIFは、我々の天の川銀河の中心に対して公転している太陽を中心とした太陽系の動きを示している。我々が見慣れている静止した太陽を中心とした惑星の動きとは全く印象が異なる。

物事は様々な方向から見ることができる。1つの見方に縛られていると、物事の本質を見逃してしまうことになるかもしれない。

今日、癌の患者さんに話をしたことだが、癌細胞が発生すること自体は全く珍しいことではなく、自然なことである。もちろん、可能な限り発生を減らすことは重要であるが、ゼロにすることは不可能である。一日に5,000個発生するとも言われる癌細胞を免疫系が監視し、見つけたらナチュラルキラー細胞などによって駆除する。我々の体内では、そんなことが毎日起こっているのである。それを考慮すると、癌という病気は免疫系の監視を逃れた癌細胞の増殖であるという見方ができる。癌の原因は免疫系の不具合であると言えるかもしれない。なぜ、免疫系はその癌を見逃してしまったのか?そういった視点が必要だと私は思う。

 

保存保存

The following two tabs change content below.
ここに書かれていることは一人のオステオパスの個人的見解であり、オステオパシーの標準的な考えとは限りません。批判や意見は大歓迎です。

最新記事 by 所長 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA